夏のワキ汗対策に食事の工夫とボトックス注射を

夏のワキ汗はエチケットという面でもどうにかしたいものです。とくにワキガの場合は周囲にも迷惑になる可能性もあるために尚更注意したいところで、デオドラント製品などを駆使して対策を施しているケースもよくあります。

もっともデオドラント製品の場合はあくまでその場しのぎであり、数時間もすると効果がなくなってしまうために厄介です。そこでもっと効率的なワキ汗対策として手術といった方法もありますが、手術だと皮膚を切開するのでやはり怖いですし、費用や後遺症なども心配です。けれども同じようにクリニックを利用した治療であるボトックス注射の場合、手術と違ってメスを使用する必要もなく、ただ注射を打つだけで完了なため、手軽かつ簡単な治療方法として注目を集めています。

そんなボトックス注射による治療ですが、その場しのぎのデオドラント製品とは違って長く効果を実感することができますが、永遠に効果が続くわけではなく、一般的には半年ほど継続されます。それゆえに一年に二回実施すれば良いのですが、夏場だけワキ汗を抑えたい場合は、5月あたりを目安に使用するのがお勧めです。また効果をより長引かせるためには、サウナや岩盤浴といった汗を積極的にかくような行為は控えた方が無難であり、生活習慣を工夫しましょう。

ちなみに生活習慣の工夫については、やはり食事や睡眠、入浴といったことも関係してきます。とくに食事についてはワキガに大きく影響してくるため、できるだけ体臭が出ないような食事を実施すると良いでしょう。たとえば動物性脂質の肉類や脂っぽい食べ物には注意が必要で、他にも刺激の強い香辛料などを大量に使用した食材も避けた方が良いでしょう。そしてそれとは逆に昔ながらの日本食などはお勧めで、基本的にはバランスの良い食事を心がけることも大切ですが、あくまで食事などの工夫は症状の悪化を防ぐ効果があるのであり、根本的な治療ではありません。それゆえにこういった生活習慣の工夫とともに、ボトックス注射の治療も施すことで、より高い効果を期待することが可能となります。