脱毛器でのお手入れが痛い場合の対処法

様々なメーカーから様々なタイプの家庭用脱毛器が販売されています。どれを選べばよいのか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。一昔前までは、ムダ毛を巻き込んで脱毛するタイプの脱毛器が主流でしたが、最近は光やレーザーを照射して毛根に働きかけるタイプのものが主流になっています。とても手軽に使用できて、家にいながらにしてサロン並みの効果が期待できるのでとても人気があります。私も数年前からレーザーを照射するタイプの脱毛器を使用していますが、仕上がりもきれいで高い効果を実感することができました。好きなときにすきなだけできるのでとてもおすすめです。

私が使用している脱毛器はパワーレベルが5段階に設定されており、ムダ毛の状態やお手入れの箇所に合わせてレベルを変更することができるタイプのものなのですが、レベル3以上になるととにかく痛いのです。我慢できないほどではないのですが、連続して照射しているとたまにものすごい激痛を感じることもあるので対処が必要であると感じました。

そこで使い始めたのが保冷剤と麻酔クリームです。保冷剤は、お手入れの箇所を冷やすために使用します。感覚がなくなるので痛みを感じにくくなりました。麻酔クリームは、お手入れの箇所にたっぷり塗って乾燥を防ぐためにラップなどで覆いしばらく放置します。その後クリームを拭き取って照射をします。皮膚が麻痺している状態なので思う存分お手入れすることができました。クリームが少量だと効果が感じられませんのでたっぷりと塗るのがコツです。