脇毛にからまる夏のワキ汗に効果的なボトックス注射

夏のワキ汗は、きれいに除毛処理をしていたとしても肌の下にある脇毛にからまって臭いを発することにもなり、ワキガまでの症状がなくてもワキガと勘違いされてしまいそうで人前に出るにも躊躇してしまうものです。そんな症状にも、ボトックス注射の治療が大いに役立つことになります。
ボトックス注射は、ボトックスの成分でもあるボツリヌストキシンの作用によってワキ汗を抑えることができます。筋肉や神経の働きを弱めることができる成分であり、美容クリニックではさまざまな治療としても活躍してるメジャーな治療にもなっています。年齢を重ねた女性には、必要以上に表情が動かないことでシワを予防するアンチエイジングとして利用されていたり、筋肉が発達しすぎて太く見えてしまう部分に注射をすることで二の腕やふくらはぎのスリムアップであったり、小顔治療にも役立てられています。ワキに注射をすると、汗を出すように指令を出す神経に作用させることができるので、暑い夏でもワキ汗に悩まされることがなくなります。
ボトックス注射は、外科手術をする必要がないので傷口が残ってしまったりダウンタイムに悩まされるということもありません。注射を打つだけなので短時間の処置で終了し、日帰りで利用ができます。しかし、成分は次第に体に吸収されてしまうことになるので、徐々に効果は薄れてしまうことになります。そのために、状態を維持させ続けるためには定期的に通って施術を受け続ける必要があります。ボトックスの効果はだいたい半年程度となっているので、夏の暑い時期の対策として利用するのであれば年に一度受けるだけであり、5月頃に施術を受けておけば暑いシーズンも快適に過ごすことができます。